女性 発毛

女性の薄毛に栄養成分イソフラボンってどんな関係性があるの?薄毛対策の救世主は大豆製品に含まれるイソフラボンだった!

    

「薄毛対策にイソフラボン?」
女性にとって髪の毛は、美容の必需品。年齢とともに髪の毛にツヤがなくなったりするのは大きな問題。その原因はの1つとして考えれるのが、太陽の光。太陽の光の中には、紫外線が含まれており、その紫外線を浴びていることから髪の毛の中に含まれているキューティクルが破壊されて、髪の毛のツヤやコシや最悪の場合薄毛になってしまうという症状が現れます。

では、髪の毛に取って大事なツヤやコシ、薄毛対策にはどのようなものが効果的なのでしょうか?現在販売されている育毛シャンプーやトリートメントなどでも効果がなかったという経験をお持ちの方も多いと思いますが、一番大事なのは体の内部からケアすることです。

その理由は、あくまでもシャンプーやコンディショナーを変えたからといっても所詮外部のケアでしか過ぎません。一方で、体の内部から頭皮の薄毛対策となる方法を行うことで体質も変化が現れ、頭皮の免疫力そのものを強くすることにもつながります。

また、薬用成分もありませんので、お肌の弱い方でも食事療法などで体の内側から改善することができます。そこで、一番大切な栄養成分というのは、イソフラボンなのです。髪の毛が薄くなるかどうかという最終的な問題は、女性ホルモンの低下が原因となります。

女性の場合でも、よく年齢を重ねていくと髪の毛のボリュームが減ったという声をよく耳にします。それは、年齢を重ねるに従って20代の頃と比べると40代以上になると女性ホルモンの量は激減しています。つまり女性ホルモンの量が減ると髪の毛の量も減るということがつながってきます。

そのため、髪の毛の量を維持する、より多くボリュームのある髪の毛を欲したいのであれば女性ホルモンを摂取するのが一番効果的です。ただ、女性ホルモンを摂取するということにおいても、毎日気軽に継続できるものであれば何日でも続けることができます。

そこで次に女性ホルモンによく似た成分であるイソフラボンを含む食材をご紹介します。1つ目に、大豆類です。大豆にはイソフラボンが含まれていることや良質なタンパク質が含まれています。髪の毛の生成に必要なタンパク質だけでなく女性ホルモンに似たイソフラボンが含まれているというのはまさに髪の毛にうってつけの食材です。

サラダにしたり豆カレーにするなどバリエーションも多彩ですので気軽に食卓に出せる食材と言えるでしょう。